大阪でブラックでもお金借りれる

大阪でブラックでもお金借りれるところは 即日融資おすすめな金融会社

 

一般的にブラックの場合ですと新たな借金をすることが難しくなります。

 

ブラックとはつまり借金問題に関しての事故を起こしてしまったことがある人物ということであり、

 

融資をする側としては返済をされない恐れがあります。

 

万が一、踏み倒しや音信不通といった状態になるのは消費者金融側としても避けたい問題ですので、

 

それゆえに事故を起こした経歴を持っている人物ですと敬遠される存在になってしまうのです。

 

では事故を起こしてしまった人物の場合、どの程度の期間が過ぎれば借りられるようになるのかと言えば、

 

大体5年程度の期間は必要になると言われています。

 

これは事故情報が大体そのくらい期間、残り続けてしまいますので、その期間が過ぎるまでは新たな借金をすることは難しくなるのです。

 

しかしながら時にはお金の問題で困ってしまうこともあり、新規での借り入れを必要とすることもあることでしょう。

 

それにも関わらず借金ができないようですと不便を感じるかもしれませんが、

 

ただどこの消費者金融でも借りることができないというわけでもありません。

 

 

基本的に新規で借り入れをすることが難しい傾向がある業者としては大手であり、

 

有名な金融会社ですと事故情報についても共有されていますので、よそで借金を返済しなかった、

 

あるいは債務整理の手続きを行ったなどの情報が出回ってしまっているのです。

 

ところが中小業者の場合ですと情報が共有されていないことがあります。

 

大手の場合は門前払いの扱いを受けてしまうことがある一方、中小業者ですと話を聞いてもらうことができたり、

 

さらには無事に融資まで辿り着くことができるようなケースもあるのです。

 

中小業者ですと大手と比較すると比較的審査が緩めというメリットもあります。

 

お金を借りる側としては多くの場合は大手を利用することが多い為、中小業者としては顧客を獲得するのにも苦労してしまいます。

 

ですから大手よりも審査を甘くしないと顧客を手に入れることはできません。

 

その為、大手では断られてしまった時でも中小の消費者金融に相談を行けば融資を受けられる可能性があり、

 

ブラックの場合でも諦める必要はないと言えるでしょう。

 

ただ、注意したいことがありますが、中小業者の場合でも拒否されてしまう可能性があることです。

 

そしてその際に連続して申し込みをすると余計に審査が厳しくなってしまうことがあるという点を理解しておく必要があります。

 

これはいわゆる申し込みブラックと呼ばれる状態です。

 

 

借金についての申し込みをした場合、情報機関にその履歴が保管されることになりますが、

 

短期間の内に何社にも相談へ行っている人物は敬遠されることが多いのです。

 

よそでも拒否されている人物ということになりますので、

 

それゆえに信用度が低く、それによって借金を拒否されることがあります。

 

どの程度のペースで申し込みをすると危ないのかと言えば、

 

およそ1ヶ月以内に3から4社程度に申し込みをしている場合ですと警戒される可能性が高くなるようです。

 

その為、連続して申し込みに行ってしまうと借りられる可能性があるところでも審査が厳しくなってしまうことがありますので、

 

やたらに申し込みの相談をするのも注意しなければいけません。

 

申し込みをしたという情報はどの程度の期間保持されるのかということですが、

 

概ね半年から1年程度は情報が残ってしまうと言われています。

 

ですから申し込みブラックになってしまうとしばらくの間は苦労する可能性があると言えるでしょう。

 

つまり申し込みブラックにならない為にも融資を受けられる可能性が高いところにピンポイントで相談に行くことが大事であり、

 

大手のような可能性の低いところは避けるようにした方が無難です。